石灰のおせっかい

育て方の解説に必ず出てくる石灰についてです、

多くの場合、植えつけ2週間前に施すように書いてあります。

日本は雨が多く土壌が酸性になっていくそうです、

石灰をまくとアルカリの作用で酸性が和らぐそうです。

確かに理にかなっているので納得できますが、

「植えつけ2週間前に施す」ところに1つ落とし穴があります。


一般の畑では1年に3種類くらいを同一の畝で育てます、

そうなると1年で石灰は3回施すことになります。

が、3回も施したらアルカリ性が強くなりすぎて

野菜が育たなくなるというか畑がダメになってしまいます。

なので年間を通してある時に1回施せば大丈夫です、

皆さん注意してくださいね。…知ってたかな



石灰には大きく3種類あります、

生石灰、消石灰そして苦土石灰。

畑に普段使いするものは主に苦土石灰です、

作用も緩やかで障害が起こりにくいから便利です。

特に生石灰はアルカリ分が多く作用も強く発熱までするので、

正直使い難く敬遠されてます。

消石灰は中間の強さです、

これから畑にする土地に最初だけ1回使うようです。

よく使っているものはこちらです。

画像


1坪に1Kgまでが目安ですが、残りを取っておくことはせず、

1袋の容量から逆算して畑の広さ(施用面積)で調節して

使い切ってしまいます。



明日もいい日になりますように♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック