ぶどう 棚の端近く

梅雨は畑遊びのスケジュール調整が難しくなって

ちょっと  …


ぶどう の観察でも

棚に届くか心配していた 早く届かないか願っていた

画像


そんな頃が懐かしい …ほんの2か月前まで

もう 棚の端まで迫ってます 

画像


別の心配が始まる

棚の拡張は今年は予定してなかった…

画像


今年 成長した茎が太くなってきたけど

画像


根本はあまり太くなっていない気がする

数年は樹を太く丈夫に育てる事を目標にしています











明日も良い日になりますように♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

坊ちゃんかぼちゃ
2019年06月16日 18:50
こんにちは。
端まできたらどうする?
1)そのまま垂らしておく。
秋に棚を拡張したらまっすぐに伸ばす。
2)端で芯を止める。
脇芽が出てくるので脇芽を伸ばす。
棚を拡張したのち、来年 先端の新梢を使って伸ばす。

棚の拡張が面倒なら止めておけば良いのです。
来年以降もぶどうは伸び続けるから、止めて止めての連続です。

脇芽を1本主枝に沿うように誘引しています。これは ぶどうスカシバに侵入されるときのことを考えての予備枝としています。
2019年06月16日 20:02
坊ちゃんかぼちゃさんこんにちは♪
予備枝…ナイスアイディアです、さっそく採用させていただきますヨ と言いますか、棚上の脇芽は茂らせてあります。樹を大きく育てるためです、ちょうど良かったので1本は予備枝としてきちんと誘引して有事に備えます。ありがとうございました 

この記事へのトラックバック